忍者ブログ これからはじめるCFD
どうせなら楽しく生きてゆきたい。



[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



明日から旅行に行ってきます。

あれ?

先月も伊豆旅行に行ってきたばかりじゃないの?

2ヶ月連続で旅行だなんて。

田口家の家計はだいじょうぶなのか?

うん、わかりません。

だいじょうぶか、どうか、わかりません。

でも行ってきます。



さて、

突然ですが、

ここで問題です。(じゃん!)



田口家はいったいどこに旅行に行くのでしょうか?

みなさん行き先を予想してコメントを下さい!

正解者の中から抽選で1名様に、

豪華プレゼントが当たります!



という、

まったくの嘘。



いや、

それではあんまりなので、

やはりプレゼントを用意致しましょう。

プレゼントは、







「田口から暖かなメッセージ。」







あれ?

もしかして、

いらない?

もしかしなくても、

いらない?



そんなわけで、

明日は早起きなんで、

もう寝ます。



行き先、予想してみて下さいね。

ヒントは、

「ここ千葉から出発の1泊旅行です。」(大雑把すぎます。)

予想コメント、カモーン!

(予想コメントが少ないとそれなりに傷つくので、気を利かせてね。)






きょうのBGM:Superfly - やさしい気持ちで




伊豆テディベア・ミュージアム。




さてさて、熱川バナナワニ園の後は、

がらりと雰囲気を変えまして、

「伊豆テディベア・ミュージアム」です。

中に入ると大きなクマがお出迎え。






受付嬢?






メリーゴーランド。





クマのぬいぐるみがクマのぬいぐるみを製作中。






クマ列車。どこへ向かっているんだ?




ものすごい数のテディベアたちです。

クマに囲まれすぎて、

自分もクマになってしまったような気になります。

ウソです。



ここに来るのは2回目なんですけど、

8月末までこんな特別展示がありました。






となりのトトロのぬいぐるみ展。





2階のフロアがすべてトトロになってます。

























ジブリにはそれほど詳しくない田口でも十分楽しめたので、

ジブリ好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか。



伊豆テディベア・ミュージアムには、

おしゃれなカフェもあり(今回入らなかったけど)

グッズのショップも充実しています。(おみやげ買いました)

うん、楽しかった。

テディベア・ミュージアムは那須にもあります。



というわけで、

今回の伊豆旅行はこんな感じでした。

久しぶりに両親を誘っての旅行でしたが、

両親もすごく楽しんでくれたみたいです。

それにふたりともすごく元気そうで安心しました。

やっぱり旅行はいいよね。

今回の伊豆旅行は全部うちの奥さんが企画してくれました。

ナイスな企画ありがとう!

次は夏の旅行に向けて今度は田口が計画しなくちゃ。

うーん、どこに行こうかな。








伊豆テディベア・ミュージアムは15周年でした。






きょうのBGM:安藤裕子 - ぼくらが旅に出る理由







ふかふかの布団と高さの調節ができる枕。

うーん、この宿は寝具もグッドです。

さてさて、伊豆旅行2日目の朝です。

きょうもいい天気だー。

朝御飯の前にお風呂に入っちゃおうかしら。

昨夜は馬油(ばーゆ)のシャンプーだったから、

今朝は豆乳のシャンプーにするわ。

ここはシャンプーも高級なのよ。

うーん、しっとりサラサラだわ。うふっ。



さてさて、朝御飯は和食のバイキングです。

昨夜食べ過ぎたので、あまり食欲が・・・。

でも、いざバイキングを目の前にすると、

あれもこれもおいしそう。

で、

食べ過ぎ。

またも食べ過ぎ。

庶民の初歩的なミス。

いいかげん学習しましょう。



朝食後、部屋で海を見ながらのんびりして、

その後チェックアウト。

田口家も両親も、みんな大満足の宿でした。

ありがとう、つるや吉祥亭!

マジでオススメです。



さてさてチェックアウト後は、

車ですぐ近くのこちらへGO !






熱川(あたがわ)バナナワニ園。





バナナワニ園、て。

バナナワニ園、て。

名前すごくない?

だって、







バナナワニ園だよ。






すご過ぎるよ。

最初、ここにバナナワニ園ができることを知った周辺住民から、

苦情は来なかったんでしょうか?

ワニが逃げ出したらどうするんだ!とか。

いやー、それにしてもすごいネーミングです。

1度聞いたら忘れないな。



田口と奥さんは今回2度目なんですが、

娘とおじいちゃんおばあちゃんは初めて。

ここはバナナとワニばかりだと思ったら大間違いです。






ゾウガメだっているし、






レッサーパンダもいる!




レッサーパンダの配色というか色使いがうちのタマに似ていて、

ものすごく親近感。

レッサーパンダが31頭もいて、頭数では日本一だそうです。

超かわいいです。



それから、ここには、これでもかというほど植物がたくさんあります。

珍しい植物もたくさんあって、飽きません。

また、スイレンの大きな温室もあります。






たくさんのスイレンたち。





このスイレンたちが見事です。



















あ〜、心が洗われる〜。(まだまだ落ちないけど。)



それから、巨大な「オオオニバス」が。

猫バスじゃないです。大鬼蓮。蓮です。






オオオニバス。




オオオニバスは大きなものでは直径2メートル程にもなり、

100キロぐらいの物を乗せられるらしいです。すごいな。



それから、そうです、

ここはバナナワニ園なのです。




バナナたち。






ワニたち。




ワニたちはみんな寝てました。

動きが全然無いので、

一見、巨大な陶器の置き物のようです。

時々大きな口が開くので、お〜、生きてる。って感じです。

今度はお食事タイムに見てみたいです。

そんな「熱川バナナワニ園」。

伊豆に行かれたらぜひどうぞ。オススメです。




というわけで、きょうはここまで。





6月13日(土)から14日(日)の1泊で、

伊豆旅行へ行ってきました。

旅行の朝はいつもスタートが出遅れてしまう田口家ですが、

今回は東京の八王子に住む田口の両親を拾ってから行くため、

がんばって、ものすごくがんばって、5時起き。

6時に家を出ました。

途中、事故渋滞が2つもありましたが、

なんとか8時半前に八王子に到着。

実家でトイレ休憩をしてすぐに出発。









愛車キューブ・キュービック。5人乗ると窮屈です。





西湘バイパスを通って、何度か休憩をしながら伊豆へ。

最初の目的地は伊東です。

伊東でお昼御飯。





海鮮丼。写真取り忘れて、すでにネタが減っています。





おなかいっぱいになって、

つぎの目的地の城ヶ崎へ。






吊り橋。田口は高い所が大好き。






城ヶ崎海岸。





ここは何度か来ているので、吊り橋を渡って、

写真を撮って、すぐに後にしました。

そして、宿に到着!






つるや吉祥亭(きっしょうてい) 本館。





ちなみに新しい「別館」がありますが、そちらは予算的には無理。

今回の「本館」も本来は田口家の予算的には泊まれない所ですが、

ネットでの1ヶ月前の予約でかなりお手頃なお値段になりました。



全室オーシャンビュー!

海がものすごく近い!

品が良いおしゃれな和風!

スタッフの対応良し!

お風呂すごく良し!

夕食最高!






星、3つ〜!!!







いやー、お風呂もかなり良かったです。

家族風呂にも入って、露天風呂付きの大きな風呂にも入って、

翌朝にも別の大きな風呂に入って。

シャンプーとか、その他備品とかもすごく充実してました。



夕食も懐石風に少しずつ運ばれてきて、

うーん、次は何が出てくるんだろうなあ、なんて楽しくて。

新鮮な海の幸がたっぷりで、それでもって全部おいしくて。

田口が大好きな天ぷらも出たんですけどね、






天ぷら&数種類の塩たち。





揚げたての天ぷらを数種類持って来てくれて、

食べ放題的な。

天ぷら食べ放題的な。

至福の時。







夢のような夕食。





で、

たくさんの天ぷらを持ってきて、

「どれになさいますか?」って聞かれたんで、

答えちゃいました。








「一通り全部下さい。」







そうなっちゃいます?

そうなっちゃいますよね。

だって天ぷらですよ。

天ぷら食べ放題ですよ。

しかも揚げたて。

結果、








食い過ぎ。

明らかに食い過ぎ。

貧乏人の初歩的なミス。

痛恨のミス。

苦しかったー。

いやー、でもうまかった。





つるや吉祥亭、最高!





と、いうことで、

きょうはここまで。








あじさいがきれいでした。


明日から伊豆に1泊旅行に行ってきます。

田口家3人と田口の両親とで。

両親と一緒に旅行なんて本当に久しぶり。

たまには親孝行しなくちゃね。



天気になりますように。

渋滞にハマりませんように。

きょうは早く寝なくちゃ。



三毛猫タマはお留守番です。





ここで待ってますニャ。




きょうのBGM:安藤裕子 - ぼくらが旅に出る理由
さてさて、

気を取り直して、すぐ近くにある「海の博物館」へGO。

ここの正式名称は「千葉県立中央博物館分館 海の博物館」だそうで。

県立だけあって外観から見てもいかにも真面目そうな感じです。

入場料が大人200円。ぎりぎり中学生の娘は無料。

まあ、安いしね。行っておきましょうかね。

なんでもここの博物館が10周年を迎えたそうで、

入場料を払う時に記念品をもらっちゃいました。ラッキー!






A4サイズの封筒に入った記念品。













さて、中身は















海の博物館 展示解説書。













うわー!これ昔から欲しかったんだよ〜〜〜!







なわけないだろ。














いらねぇ。













いやがらせなのか?

ありえないありえない。

60ページ程あって、カラー写真も豊富だ。

こんなのに税金使うな。

ダメだろう千葉県。

これは森田健作になんとかしてもらわないといかんな。



さてさて、再度気を取り直してどこかへ行きたい所だが、

何も計画を立てていない。

困った。

どうしよう。

車の中でしばし作戦会議。

とりあえずお昼なのでお昼御飯を食べることにしよう。

でも、どこで食べよう。

うん、勝浦から離れたほうが良いのかもしれない。

さよなら勝浦。

もしかしたら、もう2度と来ないかもしれない勝浦さよなら!

ということで、勝浦を離れ、海を離れ、

房総半島の中央部にある大多喜城へ行くことに。

大多喜城を見たいというよりは、

近所にあるとんかつ屋さんがうまそうだから行くという不純な動機です。

まずは腹ごしらえ。






「とんかつ亭有家」の「大名とんかつ」。






ものすごくうまかったです!

ギャル曽根のサイン色紙が飾ってありました。

もう、大多喜城とかどうでもいいや。

まあまあ、せっかくですから、とんかつのついでに大多喜城へ。






大多喜城。





大多喜城に近づいた所で、

とんでもないことに気がつきました。

「ここに来たことあるわ。」と。(ここでフラッシュバック。)

昔々の職場の社員旅行で、バスで、強制的に連れてこられたことが。

そして、ものすごくつまらなかった思い出。

人間はイヤなことは記憶から消し去ろうという能力を持つんですね。

城とかに全く興味が持てません。

歴史とか全く持って興味無いのです。

過去を振り返らず、未来に生きる男。

過去の過ちを繰り返す凝り性の無い男。

そんな田口。



城と言っても、以前に焼失した物を外観だけ復元したようで。

中は普通のどこにでもある建物です。














もう来ません。










2度目は来ちゃったけど。

今度は忘れないぞ。

もう来ません。

とんかつは食べに来るかも。




そんな感じの今回の旅でした。

いつもは色々と観光地を回るけど、

今回は何も考えずに行ったことで、逆にのんびりできました。

まあ、はずれも多かったけど。

いくつか勝浦の悪口を言ったような気もしますが、

まあ、それはブログをおもしろくしようとする働きからくるわけで。

ごめんよ勝浦。

旅館の人とか、お店の人とか、朝市の露店の人とか、

みんな優しかったです。

楽しかったよ!

勝浦旅行記、これにて終了〜!








きょうのBGM:安藤裕子 - ぼくらが旅に出る理由
次の日は早起きして3人で歩いて5分のホテル三日月の温泉施設へGO。

その中に噂の黄金風呂があります。









1億5千万円也。






展望風呂の一角にガラス張りのボックスがあって、その中にあります。

何しろガラス張りの中ですから、入るのに結構勇気がいるわけです。

でも、やはり、

ここは入らないわけにはいかんでしょう。

ブログのネタ的にも入らんといかんでしょう。

ブロガーとしての宿命です。

で、入りました。












写真は田口ではありません。写真はイメージです。














で、

感想は、














恥ずかしいです。














ていうか、

誰だよ、こんなの考えたの。

ありえないよ。

ひとりで入るの恥ずかしいですから。

ていうか、

こんなの盗むのって、

考えられないですから。

重いですから。

もうありえないありえない。

これからは田口のことを、

「黄金風呂に入った男」と呼んでもかまわないです。



黄金風呂で身も心もゴージャス松野になった田口は、

朝食を食べた後、家族と共に勝浦の商店街で行われている朝市をブラブラ。

その後「三日月本館」をチェックアウトしました。



今回の旅では、どこを回ろうかとかほとんど考えずに来てしまいましたが、

まあ、勝浦といえば一応有名なのが「かつうら海中展望塔」。

ていうよりは、これくらいしか観光場所が無いんじゃないかと。

で、かつうら海中展望塔へGO。










海の中に塔が潜っているわけで、

建物の中から海で泳ぐ魚たちを見てしまおうというわけです。

灯台に登ったことがある人ならわかると思いますが、

あの逆バージョンみたいな。

螺旋階段を96段降りて行くと海中展望室があり、

そこにあるいくつかの窓から魚が見えます。

こんな感じで。






泳ぐ魚たち。



その日は「透視度6メートル」ということで、あまりよく見えませんでした。

まあ、見える日の透視度が何メートルなのかは知りませんけど。

魚を見ているというよりは、魚から見られてる?みたいな。

で、感想は














これで930円は高すぎるだろ。














展望等の高さよりも高いお値段です。

ここへも、もう2度と行かないと思われます。

だいじょうぶなのか勝浦?



というわけで、

つづく。

(たかが1泊なのにこんなに引っ張っていいのか?)
Box Emotions
Superfly 2nd album     2009.9.2 Release.
Rock'N'Roll Show 2008
Superfly 1st DVD 2009.4.1.Release
Superfly
Superfly 1st album
THE PIANO MAN
ミトカツユキ - THE PIANO MAN
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ネコ温度計
プロフィール
HN:
田口
性別:
男性
趣味:
音楽・読書・歩くこと
自己紹介:
田口。東京出身で千葉県在住。妻と高校生の娘と三毛猫タマと慎ましく暮らす。1日の半分以上は音楽のことを考えてる。最近はSuperflyにどっぷり。Macintoshとコーヒーと猫がかなり好き。そしておもしろいことが好き。

リンクフリーですよー。
お気軽にコメント下さいねー。
今、何人ここにいる?
最新コメント
[05/23 竜眼寺文蔵]
[04/06 ろーわんずくりーく]
[04/06 まきろん]
[04/05 さりー]
[04/04 Aya]
[04/04 ヒロ]
[03/31 capri]
[03/30 さりー]
[03/29 Aya]
[03/29 東北のシェイク]
最新トラックバック
カウンター
ブログ内検索
忍者ブログ   [PR]